「旭山動物園レポート」。目の前30センチ以内に動物がいた。

う〜す。口調がどんどん適当になってきてる管理人ですオイ〜ス。
今日は先週土曜日に行ってきた旭山動物園のレポート。

TVで見る通りかなり混んでたけど動物が見れないことはなかった。
しっかり見れたからしっかり楽しめたッス。
でね、動物を30センチ以内の間近で見られる体験は、とても良いものだ!---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

管理人は全てのコーナーは見れなかったがTVでもよく紹介されてるホッキョクグマ、
ペンギン、アザラシ、オランウータンの施設は見てきました。
やはり見所はその辺りかと感じます。ライオンやヒグマ、ヒョウなどの猛獣は軒並み寝てたし。


あれですよ、29歳にもなって動物園てどうよ?とか少しだけ思ってたが、
実際に「旭山動物園」に行ってみると、いい歳した大人こそこういう動物園に行って
童心に帰る必要があると思ったね。だってさ、動物が30センチ以内にいるんですよ。
例えばペンギンコーナーとかさ。


管理人が一番最初に見たのはオランウータン。
動物園に着いた時間がちょうどオランウータンの「もぐもぐタイム」だったので。

「もぐもぐタイム」てのは係りの人が動物に餌をやる所を見れるイベント、
ていう説明でいいハズ。
餌の前に係りの人が色々とその動物の説明をしてくれました。
んで係りの人が説明をしてる途中でオランウータンの親子が
TVでおなじみの綱渡りをしてくれた。

動物の動きをこうまで見れるとは・・
と、この動物園の人気の理由をさっそく納得できましたよ。


次にホッキョクグマ。でかいですホッキョクグマ。
漫画「バキ」の中でものすごくでかく描かれてるけど、
立ち上がったら実際あれくらいになるかも、と感じた。

危険だからガラス越しでしか「間近では」見れなかったが、
それでも頻繁に目の前まで泳いできてくれるホッキョクグマが
一頭いたのですごく楽しめた。

あいつはたぶん泳ぐのが好きだな。
見てる人は大体「おお〜!」とか「うわ〜!」とか言ってました。
管理人も「うは!」とか言いました。


次はアザラシ。これもTVでよく取り上げられてるコーナーですね。
水槽の円筒上の部分を上からも下からもアザラシが通り抜ける。
通り抜けてる時のアザラシをすぐ近くで周りから見れる作り。
これも「おお〜!」てなりました。満足満足ぅ。


んで一番長く見てたのがペンギンコーナー。このコーナーも事前にTVで見てたけどさ、
個人的に一番満足しました。

有名なイワトビペンギンの他にも何種類かいて、
そのペンギンたちがね誇張じゃなく目の前で見れた。
ガラス越しとかじゃなく。

ガラスのフェンスはあったけど顔までの高さじゃないから手を伸ばしてペンギンに触ってた人もいたな。
まあ猛獣じゃないペンギンだからこそできる見せ方だろうけどよ。


んで「キングペンギン」というのがいまして、このペンギンがですね
作り物というかぬいぐるみなんでしょ?というくらい毛皮の色がクッキリと違って

オイオイぬいぐるみだろ? 
と背中のチャックを探したくなりました。
それがしっかり動物の動きをするもんだから新鮮な驚き。
当たり前だけどさ。

あのペンギンは動物園と関係ない場所にいて動かなかったら
ぬいぐるみと勘違いされるね。


それからペンギンの施設では水中トンネルは絶対に見るべし。
ペンギンが泳いでる様を下から見れて「うお〜!」て感動すっから。

周りのたくさんの人たちも皆「うわ〜!」とか歓声あげてましたから。
冷めてそうなギャルもめちゃ満足してましたから。
大変非常にとてもとても満足しますから。


んで行ってから気になってたDVD旭山動物園のすべて~動物たちの鼓動が聞こえるが余計欲しくなった。
動物の番組とか見るのけっこう好きでねぇ。やっぱ行ってよかったなと感じましたぜ。
いい歳した大人こそこういう動物園に行って童心に帰る必要があると思ったね。
これ言うの2回目だね。


次に行く時は今回見れなかった動物たちを見ようと思います。
はっはっは俺のために待ってろ動物たち〜


100位以内が定着してきましたアリガトミナサン。次は何位ですかね⇒さて今日は何位ですかね。まだまだ欄外ですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。